戦争と並んで世界で最大の難題!? 地球に優しい自然エネルギー
風力発電
ここでは風力発電の仕組みと、メリットとデメリットについて解説します。
風力発電は自然界に存在する風の力を利用して風車を回し、その回転運動を変換して電気エネルギーを作り出す発電システムです。
「京都議定書」でも謳われている地球温暖化防止対策の意味でも、発電時に温室効果ガスを排出しないクリーンエネルギーであるこの風力発電は、今後益々注目される発電システムです。
風の力で風車を回し、その回転運動を発電機に伝えて電気を起こすのが、風力発電のおおまかな仕組みです。
風車は風の吹いてくる方向に向きを変えて、常に風の力を最大限に受け取れる仕組みになっています。
また、風が強く吹くと風力発電装置に負担をかけてしまうので、暴風対策も万全です。台風などで風が強すぎる時は、風車が壊れないように可変ピッチが働き、風を受けても風車が回らない工夫がされています。


メリットとデメリット
・メリット
化石燃料を使わなくても発電できるため、地球温暖化の原因とされている二酸化炭素を排出することがありません。製造時と建設時に相当する分のエネルギーを発電した後なら、それ以降は、地球環境に優しい発電を続けることができます。
また風力発電は、世界中どこでも、風が吹く場所なら、昼夜を問わず発電できるメリットがあります。特に小型風力発電機は、いろんな場所で使われるので、強風に強いものや、弱風でも発電できるもの、塩害に強く海でも使えるもの、風きり音が小さいものなどが、既に商品化されています。

・デメリット
風力で発電するため、風が吹かないと発電できないことが、一番のデメリットです。小型風力発電機では、弱風でも性能を発揮するタイプがありますが、まったく風が無いと、発電することができません。逆に台風のような強風では、壊れてしまうことがあります。強風対策はされていますが、それでも想定外の強風だと壊れてしまいます。


ブログ


コンテンツ

ページのTOP
';?> 鬚ィ蜉帷匱髮サ - 蝨ー逅縺ォ蜆ェ縺励>閾ェ辟カ繧ィ繝阪Ν繧ョ繝シ