戦争と並んで世界で最大の難題!? 地球に優しい自然エネルギー
太陽熱発電
ここでは太陽熱発電の仕組みと、メリットとデメリットについて解説します。

太陽熱発電とは鏡を利用し太陽光を集め、その熱で蒸気を発生させてタービンを回転、発電する発電システムです。
このタービンを回転させて発電する方法は火力発電や原子力発電と同じシステムで、大規模発電に適しています。また、蓄熱によりエネルギー変換効率も高いため、次世代発電システムとして注目を集めています。
従来の石油等のような枯渇資源を利用した発電と違い、太陽熱発電は環境汚染が生じないクリーンエネルギーとして、現在欧米では多数の建設計画が進められており、2020年以降、急速にシェアが拡大していくと考えられています。


メリットとデメリット
・メリット
「燃焼」を伴わないため、有毒ガスなどの発生リスクがないことに加えて、燃料などのコスト上昇によるリスクがありません。
また、太陽光発電の場合は日中だけしか発電ができませんが、太陽熱発電の場合は日中に蓄積した「熱」を利用して24時間の発電が可能です。

・デメリット
効率性を考えると、大型の設備が必要となるとともに十分な熱量確保のため広大な「受光面積」が必要となるので、大規模な面積の土地が必要です。
また、導入時の設備コストがかなり高価なものとなります。


ブログ


コンテンツ

ページのTOP
';?> 螟ェ髯ス辭ア逋コ髮サ - 蝨ー逅縺ォ蜆ェ縺励>閾ェ辟カ繧ィ繝阪Ν繧ョ繝シ