戦争と並んで世界で最大の難題!? 地球に優しい自然エネルギー
地熱発電
ここでは地熱発電の仕組みと、メリットとデメリットについて解説します。
地熱発電とは地熱(地面の下の00高温熱源)の熱エネルギーによって発生する水蒸気を用いて蒸気タービンを回すことで電気を得る発電システムです。
地熱は純国産、再生可能であり、高い安定性を持つとともに、二酸化炭素排出量も少ない環境にやさしい発電システムです。
日本での地熱発電の規模は、最大の地域でも11万キロワットで、最近建設されているのは2万から3万キロワット程度です。このように小さな発電所であっ ても、年中昼夜を通して同じ出力で発電し続けられることから、ベースロードとしての価値があります。
また、5万キロワット程度で、約20万人程度の人口の都市電力をまかなえるので、純国産のローカルエネルギーとして十分高い価値があります。
地熱発電は火力発電にくらべて、同じ電力量を発電する際の炭酸ガス排出量がはるかに少ないので、地球環境に与えるインパクトは非常に低いエネルギー資源だと言えます。


メリットとデメリット
・メリット
日本は火山国でインドネシア、米国に次ぐ世界第3位の地熱埋蔵量を持ちます。
二酸化炭素を発生しないクリーンエネルギーとして注目され、2006年時点ですでに風力発電の約2倍、太陽光発電の約3倍の発電量があり利用されています。
また、風力や太陽光発電と違って天候に左右されません。

・デメリット
地熱の存在する地域の82%は国立公園内にあるため、発電所開発に規制がかかります。
また、最近では温泉の存在が問題となっています。地熱発電所が地下の蒸気を汲み上げると近くの温泉が枯渇してしまい観光資源が失われるということがあります。


ブログ


コンテンツ

ページのTOP
';?> 蝨ー辭ア逋コ髮サ - 蝨ー逅縺ォ蜆ェ縺励>閾ェ辟カ繧ィ繝阪Ν繧ョ繝シ